国際的に広がる性売買被害シンポジウムのお知らせ


ECPAT/ストップ子ども買春の会のメンバーがファシリテーターとパネリストを務める国際シンポジウムが開催されます。奮ってご参加ください。

3つの国(オーストラリア・韓国・日本)よりパネリストを招き、各国の売買春の実態、子どもポルノ被害の状況など、関連する点、それぞれの社会での影響や取り組み、これから各国間および国を越えて国際的にどのように連携をすればよいか模索します。

詳細はこちらから:http://paps-jp.org/event/20120930/

「国際的に広がる性売買被害~オーストラリア・韓国・日本の現状から~」

【日時】:2012年9月30日(日) 13時(受付12:00)~17時30分
【場所】:大妻女子大学千代田キャンパス(市ヶ谷校)150講義室
【資料代】:1000円 事前申し込みの必要はございません
【パネリスト】
オーストラリア:キャロライン・ノーマ(ロイヤル・メルボルン工科大学 講師)
韓国:キム・コ・ヨンジュ(梨花女子大学韓国女性研究員 研究教授)
日本:大森佐和(国際基督教大学 准教授/ECPATストップ子ども買春の会)
【後援】
大妻女子大学人間生活文化研究所、株式会社福祉新聞社、朝日新聞文化厚生事業団、
東京都社会福祉協議会、ECPAT/ストップ子ども買春の会、全国女性シェルターネッ
ト、日本ユニセフ協会、スウェーデン大使館、NPO法人ポラリスプロジェクトジャパン

カテゴリー: ECPATの活動, 活動報告   パーマリンク