第6回ECPAT世界総会に出席しました。


s-DSC_9311日程: 2014年12月2日(火)~3日(水)

場所: フランス・パリ

今回の総会にはECPAT若しくはECPATにつながる140の団体から168名が参加した。当会から1名参加した。

2015-2018年の活動方針計画やボードメンバーの改選と承認が行われた。

また、下記の特別ゲストの紹介や基調講演があった。

  • 国連の子どもの性の商品化に関する特別審査官(Ms. Maud de Boer-Buquicchio)
  • 国際ECPAT特別顧問(Mr. John Carr)
  • 家族法や青少年に関する法律の専門家(Mr. Jaap Doek)
  • Women Deliverアジア地域ディレクター(Ms. Datuk Dr. Raj Abdul Karim)
  • エールフランスの前執行役員(Mr. Jean-Cyril Spinetta)

それぞれの国や地域の文化、社会、経済的背景から起こる具体的な被害事例を聞いたり、子どもたちのためにグローバルなネットワークで活動するECPATはこれからどんなことができるか活発な議論ができた。

また、観光における子ども買春をなくすための調査、研究、新しい観光の提案をすすめる新しいプロジェクトチームが立ち上がった。

 

カテゴリー: ECPATの活動   パーマリンク