男性教諭2人を懲戒免職…横浜


横浜市教委 児童買春、盗撮で

横浜市教委は17日、児童買春をしたとして、市立小学校の男性教諭(32)を、盗撮をしたとして、市立特別支援学校の男性教諭(30)を懲戒免職処分とした。

市教委によると、小学校の教諭は7月5日夕、横浜市中区のホテルで、無職の少女(17)に現金8000円を渡し、みだらな行為をしたとして、川崎簡裁から9月、児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春)で罰金50万円の略式命令を受けた。

特別支援学校の教諭は7月18日夕、同市神奈川区の銭湯で、紙袋に隠したビデオカメラで男性用脱衣所を盗撮したとして、県迷惑防止条例違反(卑わい行為)の疑いで書類送検された。市教委に対し「ストレスがたまっていた」と話しているという。

(2011年10月18日  読売新聞)
カテゴリー: ニュース, 子どもの性目的の人身売買, 子ども買春   パーマリンク