懲役22、20年を求刑 集団強姦致傷の2被告 大津地裁


昨年11月から12月にかけ、帰宅途中の女性を車内に連れ込み乱暴したなどとして、集団強姦致傷や監禁、わいせつ略取などの罪に問われた無職、中辻敏彦(旧姓・大南)(40)と、無職、池田龍次(29)両被告の裁判員裁判の論告求刑公判が20日、大津地裁(飯島健太郎裁判長)であり、検察側は「女性の人格を無視した卑劣な犯行」として中辻被告に懲役22年、池田被告に懲役20年をそれぞれ求刑した。

産経新聞2011年10月21日

カテゴリー: ニュース, 性犯罪   パーマリンク