性犯罪者に住所届け出義務付けへ 大阪・松井知事


全国初、性犯罪の前歴がある者に対して、住所の届け出を義務付けます。

大阪府の松井知事が検討している条例案では、18歳未満の子どもへの性的犯罪で服役した人に、出所後5年間、府に住所を届け出ることを義務付けていて、違反者への罰則も盛り込みます。橋下前知事は9月、「行政が介入しないと子どもの安全を守れない」として条例案の検討を明らかにしていました。松井知事は14日、「性犯罪は再犯率が高く、刑期を終えても1人で立ち直るのは難しい。被害者を出さないようにするため、行政が関与する」などと述べ、来年2月、議会に条例案を提案する方針を明らかにしました。可決されれば、全国初となります。

ANN(テレビ朝日系列) 12月14日(水)

カテゴリー: ニュース, 性犯罪   パーマリンク