児童買春の罪で教諭を略式起訴/相模原区検


18歳未満の少女にみだらな行為をしたとして、相模原区検は28日、児童買春・ポルノ禁止法違反罪で県立高校の男性教諭(32)を略式起訴し、相模原簡裁は罰金50万円の略式命令を出した。

起訴状によると、8月20日、横浜市鶴見区内の駐車場で、乗用車に同乗させた少女(16)が18歳未満であると知りながら、現金7千円を渡す約束でみだらな行為をした、としている。

カナコロ12月29日

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク