基地内で女児わいせつ…不起訴米兵に軍が禁錮刑


米海軍厚木基地(神奈川県大和、綾瀬市)に所属していた40歳代の兵曹長が、知人の日本人女性の娘(当時8歳)にわいせつ行為をしたなどとして、3月に米軍の軍法会議で禁錮6年と降格、不名誉除隊を言い渡されたことが、在日米海軍司令部(神奈川県横須賀市)への取材でわかった。

 横浜地検は昨年3月、不起訴(嫌疑不十分)としていた。

 神奈川県警幹部によると、昨年1月にこの日本人女性から被害届が出ていた。県警は、兵曹長が厚木基地内の独身用住宅で女性の娘にわいせつな行為をしたとして、同2月に強制わいせつ容疑で横浜地検に書類送検した。兵曹長は容疑を否認していた。

 在日米海軍司令部は「女児の母親から通報を受けたが、今回の訴追は日本側に最初の選択があった。日本側が起訴しないことになったので、引き続き米軍で捜査した」としている。

(2012年4月7日14時11分 読売新聞)

カテゴリー: ニュース, 性犯罪   パーマリンク