児童買春:元教諭の被告が認める--地裁初公判 /鹿児島


ゲームサイトで知り合った未成年の少女らにわいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪などに問われた鹿児島市光山2、元出水市立出水商高教諭、嶋田晃一被告(38)の初公判が21日、鹿児島地裁(安永武央裁判官)であった。嶋田被告は起訴内容を認めた。
起訴状によると、嶋田被告は昨年8~11月、鹿児島市内のホテルで女子中学生(13)と女子高生(16)=いずれも当時=に現金1万円を渡すなどして性行為をし、裸の写真を撮影したなどしている。
鹿児島地検は月内にも、嶋田被告を同じ女子中学生に対する別の児童買春罪で追起訴する方針。

毎日新聞2012年8月22日

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク