羅州性的暴行事件の容疑者、「児童ポルノしばしば視聴」


全南羅州の小学生性的暴行事件の容疑者が、普段から日本のサイトで「児童ポルノ」を見ていたと調査された。

全南、羅州警察署は小学生性的暴行事件の容疑者コ某(23)は、犯行動機に関連して普段から日本のサイトで、児童を相手に性関係を結ぶ動画を見ていたと述べたと明らかにした。

警察はコ容疑者が動画をまねるために計画的に犯行を犯したと見て、正確な犯行動機と方法を調査している。

2012年09月01日 韓国 Joynews24

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ, 性犯罪   パーマリンク