児童買春:元教諭に有罪--地裁判決 /鹿児島


ゲームサイトで知り合った女子中高生にわいせつな行為をしたとして、児童買春・児童ポルノ禁止法違反罪などに問われた鹿児島市光山2、元出水商高教諭、嶋田晃一被告(38)=懲戒免職=に対し、鹿児島地裁は1日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役1年6月)の判決を言い渡した。
安永武央裁判官は「被害者にゆがんだ性観念を植え付けかねないもので、心身に及ぼした悪影響は大きい。一方で示談が成立しており、反省もしている」と述べた。
判決によると、嶋田被告は昨年8~11月、鹿児島市内のホテルで女子中学生(13)と女子高生(16)=いずれも当時=に現金1万円を渡すなどして性行為をし、裸の写真を撮影した。

毎日新聞10月2日朝刊

カテゴリー: ニュース, 子ども買春   パーマリンク