淫行の元警察官に懲役1年6月求刑 神戸地裁


高校2年の女子生徒にみだらな行為をしたなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反などの罪に問われた大阪府警柏原署地域課の元巡査、鶴岡辰弥被告(24)=懲戒免職、大阪府豊中市二葉町=の論告求刑公判が28日、神戸地裁(片田真志裁判官)で開かれ、検察側は「現職の警察官による犯行で、国民の信頼を揺るがした」などとして懲役1年6月を求刑した。

起訴状などによると、鶴岡被告は4月22日、神戸市中央区のホテルで、女子生徒が18歳未満と知りながらみだらな行為をした上、動画を撮影したなどとされる。

産経新聞11月27日

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク