<AKB河西さん写真集>発行元の立件見送りへ…警視庁


アイドルグループAKB48のメンバー河西(かさい)智美さん(21)の写真集に不適切な表現があったとされる問題で、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで発行元の講談社から事情を聴いていた警視庁が立件を見送る方針を固めたことが12日、同庁への取材で分かった。

 問題になったのは、上半身裸の河西さんの胸部を少年が後ろから手で隠している写真。同法は、乳首や性器を児童に触らせる写真などは児童ポルノにあたると規定している。

 同庁少年育成課は2~3月、講談社の担当者から事情聴取し「写真は児童ポルノにあたる」と結論づけた。だが、同社が写真集の販売を中止したことなどから悪質性は低いと判断した。【黒田阿紗子】

毎日新聞3月12日

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク