児童ポルノなど8法案提出へ=与党


児童ポルノなど8法案提出へ=与党

 自民、公明両党は9日の与党政策責任者会議で、児童ポルノ禁止法案やアレルギー疾患対策基本法案など8法案について、議員立法で今国会に提出する方針を決めた。両党の党内手続きを経て提出し、6月26日までの会期内の成立を目指す。 

 自公両党は、夏の参院選を控えて会期延長が難しいため、提出法案を絞り込む方針。8法案以外では、国旗損壊罪を盛り込んだ刑法改正案やいじめ防止対策基本法案、道州制基本法案、国土強靱(きょうじん)化基本法案など9本の提出を検討中で、自公で調整を継続する。

2013年04月09日 時事通信

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ, 子ども買春   パーマリンク