自公維、児童ポルノ禁止改正案を国会に提出


 自民党と公明党、日本維新の会の3党は児童ポルノの所持規制を強化する「児童ポルノ禁止法」の改正案を国会に提出しました。

 現在の児童ポルノ禁止法では、児童ポルノを提供する目的での所有が禁止されていますが29日、3党が提出した改正案では個人が趣味で児童ポルノの写真などを持つ「単純所持」も禁止し、違反した場合には罰則を設けています。

 自民、公明両党は以前から「単純所持」を禁止する法改正を目指して国会に同様の法案を提出していましたが、去年、衆議院が解散されたことによって廃案となっていました。(29日17:27)

TBS JNN系 映像URL 

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク