<北海道警>任意聴取の男性が自殺


北海道警は29日、児童買春・ポルノ禁止法違反容疑で任意聴取していた愛知県碧南市の会社員の男性(48)が、自宅で首つり自殺したと発表した。

 道警によると、捜査員は29日午前、愛知県警碧南署で男性を事情聴取し、昼休みに一旦帰宅させた。しかし午後になっても出頭せず、捜査員が午後2時45分ごろに自宅を確認したところ、階段で首をつっていたという。

 男性は28日に容疑を全面的に認めて取り調べにも素直に応じており、道警は書類送検する方針だったという。道警少年課は「適正に捜査していたと判断している」とコメントした。【遠藤修平】

毎日新聞8月29日(木)

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク