グーグル、リベンジポルノ画像を削除へ 米


2015.06.20 Sat posted at 11:55 JST

CNN.co.jp

サンフランシスコ(CNNMoney) 米検索大手のグーグルは19日、同社の検索結果から「リベンジポルノ」を削除するための新施策を講じると発表した。誰でも削除要請フォームに入力し、本人の同意なしに投稿されたヌード写真や性的な画像の削除を求めることができる。
リベンジポルノを巡っては、関係の破綻した元恋人が私的に撮影された画像をネット上に流出させるなど事件が多発。短文投稿サイト「ツイッター」や交流サイト大手「フェイスブック」が3月、リベンジポルノ禁止を明示するなど、IT企業では相次いで対策に乗り出しており、グーグルもこの流れに沿った形だ。

同社のアミット・シンガル上級副社長(検索担当)はブログ上で、「リベンジポルノの画像は非常に個人的なものであり、心理的な打撃が大きい。被害者、特に女性をおとしめる目的でしかない」と指摘。その上で、「本人の同意なしに共有されたヌード写真や性的に露骨な画像について、検索結果から削除してほしいとする人々の要求を尊重したい」と述べた。

IT業界に対しては、リベンジポルノに対処するよう議員らから圧力が強まっていた。率先して問題に取り組む姿勢を示すことで、法律による縛りではなく、自主的な規制で解決を図りたい考えだ。リベンジポルノについてはいくつかの州で規制法が成立しているが、画像を広めている者と撮影者が同一人物でないと適用できないなど多くの課題点がある。

これまで「不適切な画像」として法的要請なしにグーグルが削除してきたのは、社会保障番号などの個人情報か児童ポルノのみ。新施策では被害者自身が削除要請を行うことが必要となるが、その承認プロセスはまだ明らかになっていない。

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク