少女の性被害「原因は貧困」 国連特別報告者ブキッキオ氏警鐘


琉球新報 2015年10月27日 05:01

【東京】児童の性的搾取の専門家で、国連特別報告者のマオド・ド・ブーア=ブキッキオ氏が26日、日本の視察を終えて日本記者クラブで会見した。19日から8日間で沖縄など国内4カ所を視察した。ブキッキオ氏は「子どもの性的搾取の主要な原因をまさに沖縄で目の当たりにした。貧困とジェンダー(社会的性差)意識の不平等だ」と述べ、日本政府と県が共同で貧困対策と被害防止のための教育や啓発をする必要があると指摘した。

ブキッキオ氏は東京、大阪、兵庫県川西市に加えて、国内で失業率が最も高く、中途退学も多く、児童買春の被害者が多いとの理由で沖縄を視察地に選んだ。
沖縄について「被害者の90%が女児で、特に崩壊家庭で育った少女が多い。生き残るために性産業以外にないという状況で、原因は貧困だ」と述べた。
「女性の失業率が高い不平等さ、10代の妊娠も際立って高いことも積もり積もって被害を増やしている」と分析した。
また、日本全体の問題として、「援助交際や『JK(女子高生)おさんぽ』など多種な形態があり、最終的に重大な被害を及ぼす行為がある」と指摘した。その上で、「子どもが被害に遭いかねない事態を受け入れる社会の寛容性、行為を犯した本人を処罰しないということが被害を増やしている」と警鐘を鳴らした。

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク