児童ポルノ購入容疑、3人書類送検 京都、条例を初適用


13歳未満の児童ポルノのDVDを買ったとして、京都府警は10日、大学生ら3人を府の児童ポルノ規制条例違反(購入)容疑で書類送検し、発表した。全国で初めて購入者に懲役を含めた刑事罰を科すと定めた条例の初適用となった。

 書類送検されたのは京都市南区の男子大学生(20)、同市左京区の男子大学生(20)、京都府綾部市の男性会社員(19)の3人。

 府警少年課によると、3人は2~5月、千葉県松戸市の販売業者中島弘卓(ひろたか)被告(42)=児童買春・児童ポルノ禁止法違反などの罪で起訴=のサイトなどを通じ、それぞれ13歳未満の女児が映るDVD計25枚(3万5100円)を購入した疑いがある。3人とも、13歳未満の女児と知りながら買ったことを認めているという。

2012年08月10日 朝日新聞

カテゴリー: 子どもポルノ   パーマリンク