勤務する中学校の女子トイレで盗撮か 外国語指導助手を逮捕

7/9 NHK

勤務する中学校の女子トイレで、生徒の体を盗撮したとして、児童ポルノ規制法違反などの疑いで、外国語指導助手の男が9日、警察に逮捕されました。逮捕されたのは、観音寺市の会計年度任用職員で、外国語を指導する、オーストラリア国籍のデレブニン ミック容疑者(31)です。デレブニン容疑者は、今月6日ごろ、勤務する観音寺市内の中学校の女子トイレで、中学1年生の女子生徒の体をカメラのようなもので、撮影したとして、児童ポルノ規制法違反や県の迷惑行為等防止条例違反の疑いがもたれています。警察によりますと、同じ日に、学校関係者から「女子トイレに入っていた男性職員がいる」という通報があり、捜査したところ、容疑者の所持品から、女子生徒の下半身の一部が写った動画データがあるのが確認されたということです。警察の調べに対し、容疑者は「私がしたことに間違いありません」と容疑を認めているということで、警察は動機や余罪などについて調べることにしています。観音寺市教育委員会によりますと、容疑者は9年前から非常勤で、観音寺市内の中学校で英語の指導などを行っていたということです。

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク