動画通話中にスクショで少女の裸撮影「送ってこなかったらさらす」 24歳の男逮捕

1/19 神戸新聞

当時14歳の少女に裸の画像を送信させ、児童ポルノを製造したとして、兵庫県警伊丹署は19日、強要と児童買春・児童ポルノ禁止法違反(製造)の疑いで、岐阜県の無職の男(24)を逮捕した。逮捕容疑は昨年5月4~5日、少女が18歳未満であることを知りながら、裸の画像を撮影するよう強要し、無料通信アプリ「LINE(ライン)」を使って送信させ、児童ポルノを製造した疑い。男は「少女の体形がタイプで裸が見たかった」と容疑を認めているという。伊丹署によると、男と少女はマッチングアプリを通じて知り合い、ラインの連絡先を交換。男は5月4日、動画機能で通話している際、「上半身の裸を見せて」と少女に頼み、その様子をスクリーンショット機能で撮影。翌日、さらに「顔付きの裸の画像を送って」「送ってこなかったら(裸の画像を)ネット上にさらす」などと話し、2回にわたって送信させたという。同署によると、昨年6月、不安になった少女が母親を通じて同署に相談。同署が通信記録などから男を特定した。

カテゴリー: ニュース, 子どもポルノ   パーマリンク