児童ポルノ禁止法改正に向けて緊急要望書の配布を行いました


楽しくロビーイング

ロビーイングのあとの反省会

11月16日に民主党議員に対して児童ポルノ禁止法改正に向けた緊急要望書を配布してきました。内容は、「有償かつ反復による取得」の処罰化でなく、「単純所持の処罰化」を求めること。児童ポルノ製造について「複製して製造する場合を除く」との規定の削除を求めること。単純所持の処罰化により、児童ポルノを包括的に処罰化することを求めることなど、5項目にわたります。

議員秘書さんの多くは、子どもたちの権利を擁護する観点から、子どもの商業的性的搾取の問題に関心をもって頂きとても勇気づけられました。そのあとで反省会を行い、今後もユースの方を含めて引き続き継続してロビーイング活動を行っていくことを確認いたしました。

カテゴリー: ECPATの活動, ユース活動, 活動報告   パーマリンク