子どもポルノ問題の作業部会を開きました


作業部会のようす

作業部会のようす


9月9日に子どもポルノ問題の作業部会会議を開き、子どもたちを擁護するためにわたしたちに出来ることを6人で話し合いました。子どもポルノ・子ども買春の問題は、日本の取り組みの遅れから未だに可視化されてない現状があります。子どもの権利を擁護する観点から、子どもポルノの所持することを禁止する必要があり、諸外国の子どもの権利を中心にすえた人権基準に見合ったレベルの法的状況の整備を求めるためには、どうすれば良いか話し合いました。

法律改正に向けての課題は山積していますが、ひとつひとつ着実に行いたいと思います。

カテゴリー: ECPATの活動, 活動報告   パーマリンク