クラウドファンディング 新着情報にコメントを掲載しました


ひとりでも多くの子どもたちに   2015年6月16日content_c0699c1518c3abb4dfe2a0fe5e33d9b17432cebd

みなさま、こんにちは。ECPAT/STOP JAPANの斎藤です。

3人の実行者のなかで日本語版出版を担当しています。みなさまのお力添えに心より感謝申し上げます。

ECPAT/STOP JAPANは子どもの商業的性搾取(児童買春 児童ポルノ 性目的の人身売買)問題に取り組む国際NGO・ECPAT(エクパットーEnd child prostitution, child pornography and the trafficking of children for sexual purposes ―事務局:バンコク)の活動を日本で担う公式連携団体として、1992年に発足し、活動を続けています。

まだ学生だった頃、タイ北部チェンライからバンコクに向かう夜行バスで乗り合わせた少女との出会いが私の活動の原点となりました。中学校1、2年生といった年頃の山岳民族の出身らしい彼女の両脇には、ブローカーと思しき中年の男女がぴったりと寄り添っていました。「行ってはダメー!」と心で叫んでも、声になりませんでした。たったひとつの持ち物である膝上の布袋をぎゅっと握りしめ、陽気に話し笑い声を立てる連れの二人の男女とは対照的に一言も口を開かなかった彼女の姿が今も目に焼き付いています。

貧しさや寂しさから逃れたい、親に楽をさせたい、自分の可能性にかけてみたい、幸せになりたいー。加害者は子どもたちの夢見る心につけこみます。『陽はまた昇る』では、赤石先生の筆によって命が吹き込まれた登場人物の体験を通して、実際の加害の手口が紹介されています。現地で一人でも多くの子どもにこの本が行き渡ることを願いつつ、児童ポルノやJKビジネスなど、子どもを性的対象物とする商品やサービスが溢れる日本の子どもたち、保護者の皆さまにもぜひ読んでいただきたきたく、日本語版発刊に向けて準備を進めています。引き続きのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。

ECPAT/STOP JAPAN 共同代表 斎藤恵子

URL: https://readyfor.jp/projects/waiting_for_sunrise/announcements/25186
カテゴリー: ECPATの活動   パーマリンク