7/11、18 人身売買禁止ネットワーク主催セミナー


当団体の斎藤恵子共同代表が、7月11日の講師を務めます。奮ってご参加ください。

人身売買:いま何が起きているか、私たちに何ができるか

貧困、経済格差、構造的差別、紛争、気候変動、感染症――あらゆる要因が重なり合い、いま世界で、またこの日本で、人 間を「奴隷」のように搾取する「人身売買」が蔓延しています。 

私たちの気づかないところで起きている人身売買の実態について、15年以上にわたりこの問題に取り組んできた人身売買禁止 ネットワークのメンバーが、それぞれの活動分野において、いま何が起きているのか、私たちに何ができるのか、をお話しします。

今年はオンラインで2回に分けて開催します。どちらか片方の参加も可能です。ぜひふるってご参加ください。

日時:2020年7月11日・18日(土)13:00~15:00
オンライン開催(Zoom) 参加費無料
定員:各回200名(先着順 / 定員に達した場合〆切)
申込〆切:各回開催日の前日(第1回:7/10 第2回:7/17)
お申込み:こちらのフォームhttp://forms.gle/qRsC1ZTtnrmAZMvw8 にて、あらかじめお申込みください。
お申込みの方に開始2時間前までにアクセスURLをお知らせします。
*当日のお申込みには対応できない場合がありますのでご注意ください。チラシPDFは、こちらからダウンロードできますhttp://www.jnatip.net/event 

【プログラム内容】*内容や登壇順は変更になる可能性があります。

第1回:711()13時~15

【基調講演】

「人身売買と法律家の責任」
吉田容子〔JNATIP 共同代表/ 弁護士(京都・市民共同法律事務所)/ ジェンダー法学会理事〕

「可視化されにくい性的搾取とその境界線」

坂本新〔特定非営利活動法人レスキュー・ハブ(認証申請中)理事長〕

Traffickinghub 『エンターテイメント』にされる人身売買~」

岡 恵〔NPO法人ぱっぷす相談支援員〕

「新型コロナ蔓延と子どもの性搾取」

斎藤恵子〔ECPAT/STOP Japan 共同代表/ (公財)日本キリスト教婦人矯風会幹事〕

「変移する世界の人身売買」

オズボーンゆり〔一般社団法人ゾエ・ジャパンリージョナルマネジャー〕

第2回:7月18日(土)13時~15時

【基調講演】

「私と人身売買との出会い」

鳥井一平〔JNATIP 共同代表/ 移住者と連帯する全国ネットワーク代表理事/ 外国人技能実習生権利ネットワーク運営委員/全統一労働組合特別中央執行委員〕

「技能実習制度:なぜ人権侵害が起こるのか」

旗手明〔自由人権協会理事/ 移住者と連帯する全国ネットワーク運営委員/ 外国人技能実習生権利ネットワーク運営委員〕

「コロナとベトナム人技能実習生・留学生」

山岸素子〔移住者と連帯する全国ネットワーク事務局長/ 日本カトリック難民移住移動者委員会委員〕

「人身売買とフェアトレード・エシカル消費」

山岡万里子〔ノット・フォー・セール・ジャパン(NFSJ) 代表/ 消費から持続可能な社会をつくる市民ネットワーク共同代表幹事〕

(各回共通)Q&A、ディスカッション、その他 

司会 原由利子〔明治大学・津田塾大学・清泉女子大学・創価女子短大非常勤講師〕

カテゴリー: ECPATの活動 パーマリンク